1つ上へ
  ヘルプの目次
 印刷
  インストール後の注意点  


FirstClassサーバをインストールした後のtipsです。



サーバインストール完了後に確認・設定が必要な項目は、以下のとおりです。

システムプロファイル
管理者デスクトップのメニューから、管理>システムプロファイル

[サーバ]タブ
        ・ネットワーク名を削除する
                FirstClassサーバ間の通信で使用するものなので、サーバ1台で利用する場合には基本的に必要ない
        ・サイト名を適当なものに変更する
                クライアントで表示されるので、団体名などを入れておくとよい
        ・タイムゾーンを適当なものに変更する
                必須というわけではないが、設定すべき項目

[タイマ]タブ
        ・個人のメールの有効期間を変更する
        ・会議室のアイテムの有効期間を変更する
                最大値にしておくのが望ましい

[利用制限]タブ
        ・非アクティブ状態からログオフまでの時間
                15分あたりが適当

[ユーザ]タブ
        ・[コマンドラインアクセス]のチェックを外す
                チェックが入った状態では、telnetポートが開放される為


Groupsフォルダ
管理者デスクトップ>Groupsフォルダ

[Standard Groups]
        ・システムで使用しているため、削除・名前の変更不可
                設定変更時も慎重に対応すること

[Configuration Group]、[Department Group]
        ・サンプルグループなので、全て削除してよい
                そのまま利用してもよいが、基本的に日本語を使った判り易いグループ名が望ましい

[Standard Groups]>[All Users]>
        ・[機能]タブ
                Webサイトの公開欄のチェックを外す
        ・[制限]タブ
                [ディスク使用量制限] がデフォルトでは 5MBとなっているので、適当な容量に設定する


General Conferencesフォルダ
管理者デスクトップ>General Conferencesフォルダ

すべての会議室
        ・デフォルトで配置されている会議室はすべてサンプルなので、削除しておく


Internet Servicesフォルダ
管理者デスクトップ>Internet Servicesフォルダ

[Basic Internet Setup]
        ・利用しないプロトコルのチェックを外す

[Advanced Mail]
        ・[テキストのスタイル]タブ
                フォントを、日本語フォントに変更する
                文字セットも日本語に変更する

[Advanced Directory]
        ・[メールエイリアス]タブ
                受信メールアドレスを"メールエイリアスのみに設定"

[Advanced DNS]
        ・プライマリ・セカンダリDNS
                設定されていることを確認

[Advanced Web & File]
        ・[HTTP]タブ
                "管理者のログインにはHTTPSのみ許可は、運用に応じて設定"


LOG保存について
HTTPログ
        管理者デスクトップ>Internet Services>Advanced Web & File>HTTPタブ>ログタブで保存場所を指定

Statisticsログ
        管理者デスクトップ>Reports>Statistics Controlにて保存場所を設定

FCNS\LOGFILES
        サーバコンソールのログが保存される


モデルデスクトップ
        [MailBox]以外名前を、ユーザ登録前に日本語などの適当な名称に変更しておく