1つ上へ
  ヘルプの目次
 印刷
  データの復旧について  


Batch Adminを利用したデータの復旧方法について、以下をご参照ください。



復旧できるデータ
        Batch Adminでデータ復旧をおこなう場合、以下のデータを元に戻すことができます。
                ・復旧できるデータ      :      会議室内のアイテム(メッセージ、ドキュメントおよびアップロードファイル、添付ファイル)
                                                :      会議室内の子会議室、サブフォルダ内のアイテム
                                                :      最終更新日やその他の履歴の日付情報

                ・元に戻せない情報      :      アイテムの作成日付(元に戻した日付に置き換えられます)

        予期せぬ不具合に備え、事前に稼働中サーバのバックアップを取ることをお奨めいたします。

作業の流れ
バックアップしていたデータで復旧用サーバを構築し、本番サーバへデータを移行する流れとなります。
主な作業は以下のとおりです。
                <会議室の復旧>        
                1       バックアップデータで復旧用サーバを構築し、起動する
                2       復旧する会議室のパスを確認する
                3       復旧する会議室データをエクスポートする
                4       エクスポートされたデータを保存・加工する
                5       会議室データを本番サーバへインポートする
                6       復旧された会議室のデータを確認する

                <メールボックス・コンタクトリストの復旧>
                1       バックアップデータで復旧用サーバを構築し、起動する
                2       復旧するメールボックス・コンタクトリストをエクスポートする
                3       エクスポートされたデータを保存・加工する
                4       メールボックス・コンタクトリストを本番サーバへインポートする

<会議室の復旧>
1.バックアップデータで復旧用サーバを構築し、起動する
実稼働中のサーバとは別の筐体に新しくFirstClassサーバを構築します。
        ・復旧用の新しいサーバを一旦停止し、 FCServerフォルダとFCNSフォルダをバックアップしていたデータに入れ替えます。
        ・復旧用サーバを再起動し、管理者としてログインします。

2.復旧する会議室のパスを確認する
復旧したい会議室を選択し、プロパティ(Mac:情報を見る)でパスを確認します。
        ・パスの先頭にある"admin/"というユーザID部分を取り除き、パスの区切り文字("\"や"/"等)を半角コロンに置き換えたものが、作業に必要なパスです。
例:
        表示されているパス      :      [ボリューム] admin/Private Conferences/TEST
        作業で使用するパス      :      Private Conferences:TEST
        20060106_121511_0.png
                ※先頭が"admin/"ではない(一般ユーザが作成した)会議室の場合は、今回の手順と異なります。
                この場合は弊社サポートまでお問い合わせください。
                ※事前テストとしてトライアル版(Mac/Win問わず)で作業する場合は、パスを"General Conferences"としてください。

3.復旧する会議室データをエクスポートする
復旧用サーバから、復旧したい会議室をエクスポートします。
        ・Batch Admin宛に、下記メッセージを送信してください。
                件名    :      ○○会議室(任意の文字列)
                宛先    :      Batch Admin
                本文    :      reply
                                export "Private Conferences:TEST:○○会議室" +rhpe
                                (パスの部分は、エクスポートしたい会議室を指定してください。)
        ・サーバ内部でエクスポート処理が実行されます。データ量によっては数十分かかります。
        ・エクスポート処理の進行状況は、以下で確認することができます。
                管理者デスクトップから、Core Services>Server Monitor>アクティビティタブ>FirstClass スクリプト欄
                20060106_122937_1.png
        ・エクスポート処理終了後、管理者のメールボックスに2通の返信メールが届きます。
                - エクスポート処理の完了通知(本文: EXPORT message sent to "Administrator")
                - エクスポートされたデータ
        
81203_42521_14.png注意    
        同じ名前で内容の異なる添付ファイルが存在する場合、日付の古いファイルは、新しい日付のファイルに置き換えられます。
        このような場合は、メッセージ期間を指定するなどして一括エクスポートを避ける必要があります。

        ※メッセージ期間を指定してエクスポートする方法
                メール本文の export の一行前に setexportfilters コマンドを追加して範囲指定をおこないます。詳細はこちらをご参照ください。
                例:
                        2004年4月21日に作成された一連のメッセージをエクスポート
                                reply
                                setexportfilters modified "2004/04/20" "2004/04/22" +D
                                export "Private Conferences:TEST:○○会議室" +rhpe
                        2004年4月21日以前のメッセージをエクスポート
                                reply
                                setexportfilters modified "" "2004/04/22" +D
                                export "Private Conferences:TEST:○○会議室" +rhpe
                        2004年4月21日以降のメッセージをエクスポート
                                reply
                                setexportfilters modified "2004/04/20" "" +D
                                export "Private Conferences:TEST:○○会議室" +rhpe

4.エクスポートされたデータを保存・加工する
サーバから返信されたエクスポートデータを、本番サーバにインポートできるよう修正します。
        ・エクスポートされたデータの本文をテキストファイルにコピー&ペーストします。
        ・テキストファイルの14行目を、復旧する会議室のパス(会議室名を含まないもの)に書き換えて保存します。
                例: SetBase <ObjDesc> =>  SetBase "Private Conference:TEST"
        ・エクスポートのメールに添付されたファイルを全てダウンロードし、保存します。

5.会議室データを本番サーバへインポートする
取得したバックアップデータを本番サーバへ移行します。
        ・復旧用サーバからログアウトし、稼働中の本番サーバに管理者でログインします。
        ・Batch Admin宛に、下記メッセージを送信してください。
                件名    :      ○○会議室(任意の文字列)
                宛先    :      Batch Admin
                添付    :      4.でダウンロードしたファイルすべて
                本文    :      4.で保存したテキストファイルの内容をコピー&ペースト
        ・サーバ内部でインポート処理がおこなわれます。データ量によっては数十分かかります。
        ・エラーが発生しない限り特にメッセージ等表示されませんので、Server Monitorで処理の終了を確認してください。

6.復旧された会議室のデータを確認する
インポートしたデータを確認します。
        ・インポートした会議室を開き、もし重複データがあれば片方を削除します。
        ・復旧した会議室、およびその中にある子会議室の権限を表示させ、メッセージの有効期間を再設定します。

以上で会議室の復旧作業は完了です。


<メールボックス・コンタクトリストの復旧>
1.バックアップデータで復旧用サーバを構築し、起動する
実稼働中のサーバとは別の筐体に新しくFirstClassサーバを構築します。
        ・復旧用の新しいサーバを一旦停止し、 FCServerフォルダとFCNSフォルダをバックアップしていたデータに入れ替えます。
        ・復旧用サーバを再起動し、管理者としてログインします。

2.復旧するメールボックス・コンタクトリストをエクスポートする
復旧用サーバから、必要なデータをエクスポートします。
        ・Batch Admin宛に、下記メッセージを送信してください。
                -メールボックスをエクスポートする場合
                件名    :      メールボックス(任意の文字列)
                宛先    :      Batch Admin
                本文    :      reply
                                export desktop "復旧したいユーザID" "Mailbox" +rhpe

                -コンタクトリストをエクスポートする場合
                件名    :      コンタクトリスト(任意の文字列)
                宛先    :      Batch Admin
                本文    :      reply
                                export desktop "復旧したいユーザID" "Contacts" +rhpe
        ・サーバ内部でエクスポート処理がおこなわれます。データ量によっては数十分かかります。
        ・エクスポート処理の進行状況は、Server Monitorで確認することができます。
        ・エクスポート処理終了後、管理者のメールボックスに2通の返信メールが届きます。
                - エクスポート処理の完了通知(本文: EXPORT message sent to "Administrator")
                - エクスポートされたデータ

3.エクスポートされたデータを保存・加工する
サーバから返信されたエクスポートデータを、本番サーバにインポートできるよう修正します。
        ・エクスポートされたデータの本文をテキストファイルにコピー&ペーストします。
        ・テキストファイルの14行目を、復旧するデータに応じて書き換え、保存します。
                -メールを復旧する場合
                SetBase <ObjDesc> =>  SetBase desktop "復旧するユーザID" "Mailbox"

                -コンタクトを復旧する場合
                SetBase <ObjDesc> =>  SetBase desktop "復旧するユーザID" "contacts"

        ・エクスポートのメールに添付されたファイルを全てダウンロードし、保存します。

4.メールボックス・コンタクトリストを本番サーバへインポートする
取得したバックアップデータを本番サーバへ移行します。
        ・復旧用サーバからログアウトし、稼働中の本番サーバに管理者でログインします。
        ・Batch Admin宛に、下記メッセージを送信してください。
                件名    :      (任意の文字列)
                宛先    :      Batch Admin
                添付    :      3.でダウンロードしたファイルすべて
                本文    :      3.で保存したテキストファイルの内容をコピー&ペースト
        ・サーバ内部でインポート処理がおこなわれます。データ量によっては数十分かかります。
        ・エラーが発生しない限り特にメッセージ等表示されませんので、Server Monitorで処理の終了を確認してください。

以上でメールボックスまたはコンタクトリストの復旧作業は完了です。