1つ上へ
  ヘルプの目次
 印刷
  FirstClassクライアントソフトのWindows Vista対応状況  


FirstClassクライアントソフトのWindows Vista対応状況に関する情報です。

更新履歴
2008.12.26 情報を現状に合わせて修正
2008.12.16 情報を現状に合わせて修正
2007.03.05      不具合情報を追加
2007.02.27      OPENTEXT社のコメントを追加
2007.02.16      作成



はじめに
・開発元OPENTEXT社の情報によりますと、バージョン8.3でのクライアントソフトに関しましては、Windows Vistaをサポートしております。

・以下の情報は、FirstClassクライアントソフトのWindows Vista対応状況について、エフシーマネジメントにて独自に調査・確認した結果です。
・Windows Vista上でのFirstClassの動作を保証するものではありませんのでご注意ください。
・今後の調査結果により、以下の内容は追加、変更となる場合がありますのでご了承ください。
・FirstClass 8.0または8.3についての調査結果となります。バージョン7.1以前については、現在サポートが終了しておりますために未確認となりますが、同様の結果が予想されます。

インストールについて
・インストールは、コンピュータの管理者が行なう必要があります(Windows XP以前でも同様です)。
・バージョン8.320以前では、インストール中、「利用ユーザの選択」で「このコンピュータを使う全てユーザ」を選択すると、インストールに失敗する不具合が確認されています。
・上記で「現在のユーザのみ」を選択すると正常にインストールできます。
・バージョン8.325以降では、インストーラの不具合は修正されており、Windows Vistaでも正しくインストールを行うことができます。

基本的な動作について
・ログイン、メール送受信、画像表示などの基本動作について、インストールが正常に完了している状態では、現在のところWindows Vista環境に固有の不具合は確認されていません。
・Windows Vista Aero機能およびFlip 3D機能における画面表示についても、現時点では不具合は確認されていません。
・FirstClass上のファイルをドラッグアンドドロップでローカルに保存することが出来ません。アップロードにつきましてはドラッグアンドドロップで行なえます。メニューから「ダウンロード」などを選択した場合は正常に保存可能です。(2007.03.05追加)

文字コードに対する対応状況について
・FirstClass8.3までのサーバおよびクライアントでは内部的にシフトJISが使用されているため、シフトJISで表現できない第3水準漢字の一部および第4水準漢字については、正しく処理できず文字化けして表示されます(WindowsXP以前でも同様)。内部処理でシフトJISを使用しているのは、FirstClassの仕様となります。
・FirstClass 9.0ではサーバ、クライアントコンポーネント双方において内部処理の文字コードがシフトJISからUnicodeへ変更される予定ですので、上記については改善される予定です。

字形変更や追加文字に対する対応状況について
・第3水準漢字の一部および第4水準漢字以外で、Windows Vistaで字形が変更になった文字については、VistaとXP以前では異なる字形で表示されます。
・第3水準漢字の一部および第4水準漢字以外で、Windows Vistaで追加された文字については、XP以前では表示されないか文字化けになります。