1つ上へ
  ヘルプの目次
 印刷
  FirstClass スクリプトによるユーザ一括管理  


FirstClass スクリプトを利用して全ユーザの情報を一括変更する方法をご紹介いたします。



※このドキュメントは、開発元であるOpen Text社のテクニカルサポート情報を翻訳したものです。現在のバージョンと整合性の取れていない場合がございますので、十分ご検証いただいた上でご適用くださいますようお願いいたします。

ユーザ情報フォームに関するFirstClassスクリプトのコマンド(8.3向け)

このドキュメントは、FirstClassスクリプト(Batch Admin)で使用するために、FirstClassサーバに登録されているアカウントのユーザ情報フォームのフィールドIDを把握したい管理者向けに作成されています。




ユーザ情報フォームの値を取得する
FirstClassスクリプトの標準的な構文:
ユーザ情報を取得するFirstClassスクリプトを実行するには、以下のようなコマンドをメッセージ本文に記入し、Batch Admin宛に送付することで実行可能です。
        PW <パスワード>
        Reply
        GET USER <ユーザID> フィールドID パラメータ

PW <パスワード> :
FirstClassスクリプトを実行する上で必要なパスワードです。管理者デスクトップ>Multi-Site Setup>Multi-Site Setupフォームで設定されているパスワードを、PWコマンドに続いて入力してください。FirstClassのAdminアカウントから実施する場合には不要です。 
注意:いくつかのフィールドは、Admin以外のアカウントからは取得できません。例:パスワード(フィールドID 1217)
Reply :
結果が返信されるようにするためのコマンドです。
GET USER <ユーザID> :
取得したいユーザの情報を指定します。
<ユーザID>:ユーザ情報を取得したいユーザのユーザIDを指定してください。
フィールドID:ユーザ情報フォームの各項目には、他と競合しないフィールドIDが割り当てられています。
パラメータ:必要に応じて指定します。
---
ユーザ情報フォームには、4つのタブがあります。

以下の表は、ユーザ情報フォームの項目名とそのフィールドIDを示しています。
ユーザ情報タブ

項目名
フィールドID
項目名
フィールドID
ユーザID
1201
パスワード
1217**
1202
クライアントID
1500
イニシャル
1203
クラス
1223
1204
メールエイリアス
1252
住所
1205
音声DN
1255
電話
1206
音声パスワード
1256
Fax
1207
作成日時
1235*
備考
1224
場所
1236
ユーザ設定ID
1272
最終ログイン日時
1230*
利用時間
1259*
*これらのフィールドは日付フィールドです。オプションによって戻ってくる値を指定できます。
GET USER <ユーザID> 1235
結果:1235 14 秒数 (例: 3238393579)
GET USER <ユーザID> 1235 +d
        結果:1235 14 "YYYY/MM/DD"
GET USER <ユーザID> 1235 +D
        結果:1235 14 "YYYY年MM月DD日 hh:mm:ss"

** +m オプションをつけることで、AdminアカウントはMD5形式でパスワードを取得することができます。

ユーザグループ/ディレクトリタブ

項目名
フィールドID
このユーザが所属するグループ
91
ディレクトリでの閲覧を許可するグループ
112
FirstClassスクリプトを利用する上で理解しにくいのは、いくつかのフィールドで独自のフィールドIDが使用されることです。例えば、フィールドID 9では、値を参照したり設定したりする際には、フィールドIDとして「4」が使用されます。 同報に、フィールドID 11では「5」が使用されます。
これらのフィールドのようにリストとしてデータの保持されているフィールドについて、リストすべてを取得する場合は、パラメータに「-1」を利用してください

1 以下のようなコマンドを送信してください。:
Reply
Get User <ユーザID> 4 -1
結果:
4 0 グループ1
4 1 グループ2
注意:All Users グループについては、常に所属しているものとして表示されません。

2 以下のようなコマンドを送信してください。:
Reply
Get User <ユーザID> 5 -1
結果:
5 0 グループ1
5 1 グループ2
5 2 グループ3
注意:数値が大きくなるほど、リストの下の方に並んでいることを表しています。


機能タブ


カテゴリ
項目名
フィールドID
カテゴリ
項目名
フィールドID
カテゴリ
項目名
フィールドID
デスクトップ
カレンダー
1361
ツール
会議室へのメール送信
1311
アイテム
アップロード
1330
コンタクト
1345
在籍確認
1501
ダウンロード
1331
Webサイトの公開
1354
プロフィールの表示
1312
クリップボードにコピー
1514
共有ドキュメント
1390
プロフィールの作成
1504
ローカルディスクに保存
1515
メッセージ
他ユーザへのメール送信
1310
インスタントメッセージ
1314
印刷
1516
送信取り消し
1338
チャットルームに参加
1502
特別な状態
無期限アカウント
1346
転送
1340
チャットルームの作成
1512
デスクトップの保護
1350
送信メールの有効期限設定
1341
コンタクトデータベースの共有
1510
ディレクトリに非公開
1327
重要度(高)の設定
1339
会議室の共有
1332
非公開ディレクトリの閲覧
1328
確認メッセージの受け取り
1343
カレンダーの共有
1509
ユーザ情報フォームの閲覧
1342
未読/既読の切替
1337
ディレクトリに公開
1511
ユーザ情報フォームの編集
1334
メールルールの作成
1505
ワークスペースの共有
1524
音声メニューの作成
1513
メールボックスの権限
1506
管理機能
副管理者
1325
SMTPリレー
1520
音声通話
1508
サーバの監視
1521
アプリケーション開発者
1523
サーバの管理
1522

基本設定/アクセス/制限タブ

カテゴリ
項目名
フィールドID
カテゴリ
項目名
フィールドID
ユーザ設定
基本設定の編集
1329
Accessアクセス方法
FirstClassクライアント
1316
パスワードの変更
1388
Webクライアント
1517
在席確認
1507
音声クライアント
1362
自動転送
1503
コマンドライン
1315
自動返信
1344
インターネットクライアント
1360
メールのインポート
1370
FTP/CIFSクライアント
1519
LDAP/Fingerクライアント
1518
タイムゾーン
オフライン作業
1351
制限
1日あたりの接続時間
13201
非アクティブ状態からログオフまでの時間
13222
ディスク使用量制限
13573
使用ディスク容量
12584
自動表示される名前の最大数
13195
*** 戻り値0は、デフォルトまたはシステム上で未定義であることを表しています。
1 表示上は分表示ですが、戻り値は秒表示となります。
2 表示上は分表示ですが、戻り値は秒表示となります。
3 戻り値はKB(キロバイト)表示となります(214783647は「無制限」)。例えば、5000KBは約5MBとなります。
4 戻り値はKB(キロバイト)表示となります。
5 戻り値は数値で表現されます(214783647は「無制限」、-1は「なし」、0は「デフォルト」)。





ユーザ情報フォームに値を設定する
FirstClassスクリプトの標準的な構文:
ユーザ情報に値を設定するFirstClassスクリプトを実行するには、以下のようなコマンドをメッセージ本文に記入し、Batch Admin宛に送付することで実行可能です。
        PW <パスワード>
        Reply
        PUT USER <ユーザID> フィールドID フィールドタイプ 値

PW <パスワード> :
FirstClassスクリプトを実行する上で必要なパスワードです。管理者デスクトップ>Multi-Site Setup>Multi-Site Setupフォームで設定されているパスワードを、PWコマンドに続いて入力してください。FirstClassのAdminアカウントから実施する場合には不要です。 
注意:いくつかのフィールドは、Admin以外のアカウントからは取得できません。例:パスワード(フィールドID 1217)
Reply :
結果が返信されるようにするためのコマンドです。
PUT USER <ユーザID> :
値を設定したいユーザの情報を指定します。
<ユーザID>:ユーザ情報を設定したいユーザのユーザIDを指定してください。
フィールドID:ユーザ情報フォームの各項目には、他と競合しないフィールドIDが割り当てられています。
フィールドタイプ:値を入力したいフィールドのタイプを指定してください。例:テキスト、ラジオボタン、チェックボックスなど。
値:指定したフィールドへ設定したい値です。

例:
PUT USER <ユーザID> 1205 0 "東京都千代田区内神田2-14-3"
---
ユーザ情報フォームには、4つのタブがあります。

以下の表は、ユーザ情報フォームの項目名とそのフィールドタイプ、値を示しています。
ユーザ情報タブ

項目名
フィールドID
項目名
フィールドID
ユーザID
1201 0 "値"
パスワード
1217 0 "値"
1202 0 "値"
クライアントID
変更不可
イニシャル
1203 0 "値"
クラス
1223 7 "値"
1204 0 "値"
メールエイリアス
1252 0 "値"
住所
1205 0 "値"
音声DN
1255 0 "値"
電話
1206 0 "値"
音声パスワード
1256 0 "値"
Fax
1207 0 "値"
作成日時
変更不可
備考
1224 0 "値"
場所
変更不可
ユーザ設定ID
1272 0 "値"
最終ログイン日時
変更不可
LDAPユーザ
変更不可
利用時間
変更不可
住所:\r で区切ることで、改行できます。例 PUT USER <ユーザID> 1205 0 "東京都千代田区内神田2-14-3\rTSビル2階"
LDAPユーザ:変更できません。FCDS(FirstClassディレクトリサービス)を通じて管理されているユーザかどうかを示すため、FCDS自身がこの値を変更します。
クラス:”値”は、レギュラーユーザは「1」、リモートユーザは「5」となります。

ユーザグループ/ディレクトリタブ

項目名
フィールドID
このユーザが所属するグループ
91
ディレクトリでの閲覧を許可するグループ
112
FirstClassスクリプトを利用する上で理解しにくいのは、いくつかのフィールドで独自のパラメータが使用されることです。例えば、フィールドID 9では、値を参照したり設定したりする際には、フィールドIDとして「4」が使用されます。 同報に、フィールドID 11では「5」が使用されます。
これらのフィールドのようにリストとしてデータの保持されているフィールドについて、リストすべてを取得する場合は、パラメータに「-1」を利用してください

1 以下のようなコマンドを送信してください。:
Reply
Put User <ユーザID> 4 0 "グループ1" 4 1 "グループ2" 4 2 "グループ3"
注意:All Users グループについては、常に所属しているものとして指定しません。

2 以下のようなコマンドを送信してください。:
Reply
PUT User <ユーザID> 5 0 "グループ1" 5 1 "グループ2" 5 2 "グループ3"
注意:数値が大きくなるほど、リストの下の方に並んでいることを表しています。この順番は重要です。

機能タブ


カテゴリ
項目名
フィールドID
カテゴリ
項目名
フィールドID
カテゴリ
項目名
フィールドID
デスクトップ
カレンダー
1261 6 "値"
ツール
会議室へのメール送信
1211 6 "値"
アイテム
アップロード
1230 6 "値"
コンタクト
1245 6 "値"
在席確認
1601 6 "値"
ダウンロード
1231 6 "値"
Webサイトの公開
1254 6 "値"
プロフィールの表示
1212 6 "値"
クリップボードへコピー
1614 6 "値"
共有ドキュメント
1290 6 "値"
プロフィールの作成
1604 6 "値"
ローカルディスクに保存
1615 6 "値"
メッセージ
他ユーザへのメール送信
1210 6 "値"
インスタントメッセージ
1214 6 "値"
印刷
1616 6 "値"
送信取り消し
1238 6 "値"
チャットルームに参加
1602 6 "値"
特別な状態
無期限アカウント
1246 6 "値"
転送
1240 6 "値"
チャットルームの作成
1612 6 "値"
デスクトップの保護
1250 6 "値"
送信メールの有効期限設定
1241 6 "値"
コンタクトデータベースの共有
1610 6 "値"
ディレクトリに非公開
1227 6 "値"
重要度(高)の設定
1239 6 "値"
会議室の共有
1232 6 "値"
非公開ディレクトリの閲覧
1228 6 "値"
確認メッセージの受け取り
1243 6 "値"
カレンダーの共有
1609 6 "値"
ユーザ情報の閲覧
1242 6 "値"
未読/既読の切替
1237 6 "値"
ディレクトリに公開
1611 6 "値"
ユーザ情報の編集
1234 6 "値"
メールルールの作成
1605 6 "値"
ワークスペースの共有
1624 6 "値"
音声メニューの作成
1613 6 "値"
メールボックスの権限
1606 6 "値"
管理機能
副管理者
1225 6 "値"
SMTPリレー
1620 6 "値"
音声通話
1608 6 "値"
サーバの監視
1621 6 "値"
アプリケーション開発者
1623 6 "値"
サーバの管理
1622 6 "値"
0 = Off
1 = On

基本設定/アクセス/制限タブ

カテゴリ
項目名
フィールドID
カテゴリ
項目名
フィールドID
ユーザ設定
基本設定の編集
1229 6 "値"
アクセス方法
FirstClassクライアント
1216 6 "値"
パスワードの変更
1288 6 "値"
Webクライアント
1617 6 "値"
在席確認
1607 6 "値"
音声クライアント
1262 6 "値"
自動転送
1603 6 "値"
コマンドライン
1215 6 "値"
自動返信
1244 6 "値"
インターネットクライアント
1260 6 "値"
メールのインポート
1270 6 "値"
FTP/CIFSクライアント
1619 6 "値"
LDAP/Fingerクライアント
1618 6 "値"
タイムゾーン
オフライン作業
1251 6 "値"
制限
1日あたりの接続制限
1220 14 "秒"
非アクティブ状態からログオフまでの時間
1222 14 "秒"
ディスク使用量制限
1257 14 "KB"
使用ディスク容量
変更不可
自動表示される名前の最大数
1219 14 "数値"
0 = off
1 = on

1日あたりの接続制限:表示上は分単位での表示ですが、秒数で指定してください。
非アクティブ状態からログオフまでの時間:表示上は分単位での表示ですが、秒数で指定してください。
ディスク使用量制限:キロバイト(KB)にて指定してください(2147483647は「無制限」、0は「デフォルト」)。例えば、5000KBは約5MBです。
自動表示される名前の最大数:数値似て指定してください(2147483647は「無制限」、-1は「なし」、0は「デフォルト」)。

タイムゾーンのコード:

786480
Arizona
1311184
Eniwetok, Kwajalein
2621908
Midway Island
3932632
Hawaii
5243612
Alaska
5247452
Alaska (Classic Daylight Savings Time)
6554336
Tijuana
6558176
Tijuana (Classic Daylight Savings Time)
9175780
Mountain Time (US & Canada)
9179620
Mountain Time (US & Canada) (Classic Daylight Savings Time)
10486504
Central Time (US & Canada)
10490344
Central Time (US & Canada) (Classic Daylight Savings Time)
11797224
Mexico City
11801064
Mexico City (Classic Daylight Savings Time)
13107688
Saskatchewan
14418412
Bogota, Lima, Quito
15729388
Eastern Time (US & Canada)
15733228
Eastern Time (US & Canada) (Classic Daylight Savings Time)
17039852
Indiana (East) (No Daylight Savings Time)
17043948
Indiana (East)
18350832
Atlantic Time (Canada)
18354672
Atlantic Time (Canada) (Classic Daylight Savings Time)
19661296
Caracas, LaPaz
20320240
Santiago, Chile
20972274
Newfoundland
20976114
Newfoundland (Classic Daylight Savings Time)
22284788
Brasilia
23593460
Buenos Aires, Georgetown
24904180
Mid-Atlantic
26214908
Azores, Cape Verde
27525376
UTC, Casablanca, Monrovia
28837376
Dublin, Edinburgh, Lisbon, London
30147588
Amsterdam, Copenhagen
31458308
Madrid
32769028
Paris
34079748
Belgrade, Sarajevo, Skopje
35390468
Sofija, Zagreb
36701188
Budapest, Prague, Warsaw
38011908
Brussels, Berlin, Berne
38667268
Rome, Stockholm, Vienna
39322376
Athens, Instanbul, Minsk
40633096
Bucharest
41945608
Cairo
43254536
Harare, Pretoria
44565256
Helsinki, Riga, Tallinn, Vilnius
45875464
Israel Standard Time
47186188
Israel Daylight Time
48496908
Baghdad, Kuwait, Riyadh
49810188
Moscow
51118348
Nairobi
52429070
Tehran Standard Time
53739794
Tehran Daylight Time
55050512
Abu Dhabi, Muscat
56361232
Baku, Tbilisi
57674516
Ekaterinburg
58982678
Bombay, Calcutta
59638038
Madras, New Delhi
60293400
Almaty, Dhaka
61604124
Bankok, Hanoi, Jakarta
62914848
Beijing, Chongqing
63570208
Hong Kong, Orumqi
64225568
Perth
65536288
Singapore
66847008
Taipei
68157732
Osaka, Sapporo, Tokyo
69468452
Seoul
70781732
Yakutsk
72091430
Adelaide
73400614
Darwin
74711336
Brisbane
76023592
Canberra, Melbourne, Sydney
77332776
Guam, Port Monesby
78645288
Hobart
79956776
Vladivostok
81268776
Lord Howe
82575660
Magader, Solomon Island
83889456
Auckland, Wellington
85199920
Fiji, Kamchatka
86507824
Marshall Island
87821875
Chatham