1つ上へ
  ヘルプの目次
 印刷
  Mac向けFirstClass 10クライアントの不具合について  


Mac OS X向けFirstClass 10.0クライアントで本文入力時の文字変換中に発生する不具合についての詳細です。



○概要
本文入力中に、以下のような現象が発生することがあります。
・改行位置やカーソル位置がずれる
・入力済みの文字が文字化けする
・1020エラーが発生する
20101110_110250_1.png
これらの現象は、FirstClassクライアントの不具合で、本文の情報が破損してしまうことが原因で発生します。

○詳細
この現象は、以下のように変換中の文字列をすべて削除してしまうと発生します。

<再現手順>
1.新規メッセージを作成します。
2.日本語を入力します。
        20101110_115435_0.png
3.これらの文字を削除します。Deleteキーを5回押します。
4.5文字分削除したのにもかかわらず、1文字分残ってしまいます。
        20101104_183610_1.png
5.最後の1文字を削除し、新たな文字を入力すると、 現象が発生します。
        20101104_183701_2.png

○回避方法
変換中の文字を削除したい場合には、一度確定してから削除するようにしてください。
現象が発生してしまった場合には、メッセージやドキュメントをもう一度作成してから入力しなおしてください。

○修正版のリリースについて
開発元へ至急修正するよう依頼しておりますが、現在のところどのバージョンで修正されるか未定です。
ご迷惑をおかけいたしますが、修正版のリリースまで今しばらくお待ちください。

以上