1つ上へ
  ヘルプの目次
 印刷
  FirstClass 11.1 SP1+不具合情報と対応予定及び回避策  


FirstClass11.1 SP1+
SP1+では、現在以下の不具合が確認されております。次期サービスパックなどのリリースで順次対応予定となっております。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承の程宜しくお願いいたします。
なお、本情報はサーバ管理者向けに作成したものです。 


現在確認されている主な不具合は以下のとおりです。

不具合の内容
対応予定、回避策など
内蔵ファイルビューアでShift-JISのテキストファイルや、BOMのないUTF-8(UTF-8Nと呼ばれる形式)のテキストファイルが文字化けする。 

参照できないテキストファイルは、一旦クライアントのディスクへダウンロードしてからメモ帳などで参照してください。
また、Unicode対応により、Shift-JISのテキストファイルはクライアントソフトウェア内蔵のテキストビューアでは参照できなくなりました。テキストファイルはUTF-8 で保存してください。
Windows版クライアントでカレンダー左下の小カレンダーで年・月の文字の上端が切れている。
現在対応中。
日本語フォント以外を使って日本語を入力すると入力した文字に下線が表示される。
現在対応中。
日本語フォントであることを確認してから日本語を入力してください。
Webクライアントのチャットで、主催者の発言許可ボタンが機能しない。(JavaScriptエラーになる)
現在対応中。
本文でひらがな(「あ」など)を全角で60文字程度を変換せずに続けて入力して自動変換された場合に文字化けする。
現在対応中。
60文字程度以内で確定しながら入力することで回避可能。
カレンダーにイベント(.ics)をメニューからインポートすると、色の設定と時間がオリジナルと異なってしまう。
現在対応中。
メニューからエクスポートしたメッセージ(.RTF、.txt)を「ドキュメントのインポート」でインポートすると文字化けする。
現在対応中。
一般ユーザ向けのメニューからおこなうエクスポートとインポートのみで発生。管理者向けのバッチ処理では正常に動作。
ドキュメントのインポートはRTFのみの対応となります。
ユーザが容量超過時、ディスク使用量表示部分にマウスカーソルを乗せた時に表示されるディスク合計容量が正しく表示されない。
現在対応中。
Webブラウザ(クラシックモード)でドキュメントを開いて編集しようとすると、長い行の途中に改行が勝手に挿入されて文字化けする。
現在対応中。
FirstClassアプリケーションサー ビス(FCAS、以前のRAD)のソース本文中の文字が文字化けする。
現在対応中。
Advanced Mailフォームで送信メールの折り返し文字数を設定しても、反映されない。
現在対応中。
FC8.3以前で作成したメッセージを転送した場合、転送メッセージの差出人や本文が稀に空になる場合がある。
空になった部分は、元のメッセージから手動でコピーしてください。
Webインターフェースから検索してもヒットしない。

現在対応中。

メールやドキュメント編集時に、テキストがおかしな位置で折り返されることがある。(全角半角混在時、半角文字部分の所で折り返される)
現在対応中。
受信したHTML形式を転送した際、サーバの設定が「テキスト形式のみ」であっても、multipart/mixedのテキスト部分が「text/html」となってしまう。
現在対応中。
マルチパートのメッセージ(添付ありのメッセージなど)を受信すると、text/plain部がiso-2022-jpで展開され、本文中の㈱などの特殊文字が文字化けする
現在対応中。
Iso-2022-jpのメッセージを受け取ったとき、~(チルダ)が含まれていると、本文でチルダが正しく表示されない。
インターネットサービス11.038にて修正されたが、再発。
現在対応中。
クライアントソフト終了時に、一時フォルダ(fcctemp)の内容がクリアされない場合がある。(リソースファイルや日本語名のファイル)
現在対応中。
件名の長い(およそ76バイト以上)メールをau携帯電話に自動転送すると文字化けする。
現在対応中。
PDFファイルの日本語の検索は未対応です。
現在対応中。
LinuxやMac OS  Xのサーバでは、添付やアップロードしたファイル内の日本語検索は未対応です。
現在対応中。
本文領域に埋め込んだ画像やファイルなどの情報を削除しても、編集バー右にある変更の保存(鉛筆)アイコンをクリックしたり自動保存された状態で送信すると削除したはずの情報が相手に送信されてしまう。
現在対応中。
受信メールの履歴で、姓名合計が全角8文字(23バイト)以上の場合、名前が省略表示(先頭一文字+ピリオド)されてしまう。
現在対応中。
Iso-2022-jp-2のインターネットメールを受信すると文字化となる。
現在対応中。
全角11文字以上の共有メールリストの名前を変更すると、ディレクトリ上でエントリが重複する。(クライアントIDも同一となる)
現在対応中
修正までの間、全角11文字以上の共有メールリストの名前は変更されないことをおすすめいたします。
基本設定>メッセージ>携帯電話にて転送する際、件名が長すぎると転送先にて文字化けする。
現在対応中。
送信メッセージで、件名が全角13文字以上で13文字目前に半角文字が1~2文字を含む場合、送信先にて文字化けする。(Mozilla Thunderbirdなど)
現在対応中。
受信側のメールソフトの種類によって文字化けしない場合もあります。Microsoft Outlook,, Google Gmail, Yahoo!メールでは化けないことを確認しています。)
履歴画面や新規メッセージの宛先欄などで、長すぎる名前の末尾が文字化けする。(Windows 7)
現在対応中。
Web拡張インターフェースで、メールボックス一覧表示部分にスクロールバーが表示されない。
現在対応中。
IMAP接続時、フォルダに格納した未送信メッセージが一覧で文字化けする。(「宛先」の部分)
現在対応中。
クライアントソフトで、オフラインメール通知機能が動作しない。
現在対応中。
Advanced Mailの[HTML形式]が『デコードして添付する』、[メッセージの本文]が『テキスト形式とHTML形式』に設定されている場合、YahooメールからのHTMLメールなどmultipart/alternative形式のメールを基本設定の携帯電話タブで転送すると、他のメッセージの件名が本文に追加されてしまう。

現在対応中。
iPadで、アイテムの作成権限がないと、子会議室が開けない。
現在対応中。
                                                                                                      

本ドキュメントの対象ソフトウェアおよびバージョン・ビルド:
 FirstClassサーバ 11.1 build 1127
 FirstClassインターネットサービス 11.1 build 11.133
 FirstClassクライアント 11.063
このドキュメントのPDFファイル(72KB)はこちらからダウンロードできます。